• 自分でできる屋根裏のねずみ退治の方法とは

    夜遅く、ドタドタ、ガサガサと屋根裏からねずみの足音が聞こえてきて、嫌な思いをした方も多いのではないかと思います。


    ねずみはいろいろな病原体や寄生虫、ダニなどを家の中に持ち込むだけでなく、糞や尿をまき散らして家屋を汚染します。


    また、電気のコードや配線をかじることもあり、火災をまねく心配もあります。



    ねずみは私たちにいろいろな被害をもたらします。
    見つけたらすぐにねずみ退治をしなくてはなりません。



    ねずみ退治の方法はいろいろあります。

    東京新聞に関する予備知識が満載です。

    1.殺鼠剤を使う方法ホームセンターやドラッグストアなどで売っている殺鼠剤を使う方法です。
    毒餌タイプのものや煙タイプのものなどがあります。煙タイプのものだと屋根裏のすみずみまで殺鼠剤がいきわたるので人気があります。


    けれども、ねずみの死骸が屋根裏に残ったまま処理できずにいると嫌なにおいがしたり、ばい菌が繁殖してしまうので注意が必要です。

    2.粘着シートを使う方法屋根裏への侵入口や通り道に粘着シートを置いてねずみを捕まえる方法です。


    粘着力が高いので一度くっつくとねずみは簡単に逃げられません。処理するときには直接ねずみには触らないようにします。


    3.忌避剤でねずみを家から追い出す方法ねずみが嫌いなにおいを発生させてねずみを家から追い出す方法です。

    死骸の処理をしたくない方などには、ねずみを殺さず家から追い出して退治できますのでおススメです。

    家をきれいに保つこともねずみ退治において重要になります。
    ねずみの餌となる生ゴミを片づける、巣になりそうなティッシュや布などを放置しないということでもねずみは防げます。